精進料理 棚橋俊夫さんが高知に来られるまで

出会いのきっかけ

とある方が送って下さった『野菜の力 精進の時代』と大きく表紙に書かれた本。この本が私の精進料理 棚橋俊夫さんとの出会いでした。

そこには職住一体で15年間『月心居』というお店を表参道にて営まれていた時のお話など、これほどかと思う野菜についての想いが綴られており、まさに野菜精進にふさわしい内容に惹きこまれあっという間に読み終えていました。

共感する考え方がいたるところにあり、気持ちが高ぶった私は、読み終えてすぐに送って下さった方にお礼をお伝えしたところ、トントン拍子でお会いすることになり、大阪で仲間たちと開催しているマーケット会場に棚橋さんご本人を連れて来てくださりお話したのが始まりでした。

その後、偶然にも数日後にお互い東京にいると分かり、これまた本を送って下さった方が繋げてくれた編集者の方と棚橋さんのアシスタントをされている方と4人でお食事をする流れになったのでした。この日の夜の事は今でも鮮明に音や光が浮かび上がるほどいい『気』が充満している空間の中、小学生の頃を思い出したほどのやんちゃな企み話のごとく盛り上がりワクワク感が詰まった夜でした。

この機会が私の原動力となり、何ができるか分からないけども、きっと楽しいことになる!という直感だけはあったので、あまり具体的なことは決めずにまずは高知に来ていただこう!と動き出しました。

きっかけとなった本

きっかけとなった本

初高知!

初来高時の料理教室のチラシ

せっかく来ていただけるならみなさんと共有したいと思い、2016年3月26日(土)かるぽーとで料理教室を企画してみたところ、高知新聞さんに掲載いただいたこともあり、掲載された朝から途端電話が鳴り止まずその日に参加人数の方は締め切りに達してしまい皆さんの関心度の高さを実感しました。

2016年3月23日 いよいよ棚橋さん初高知へ

まずはお世話になっている農家さんなどご紹介したいと思う方のところにお一人ずつ足を運びお話しをさせていただき、たくさんの方のご協力によって、棚橋さんと共に様々なご縁をいただきました。

急遽開催した料理教室も盛況で、最終的には20名での募集のところ約40名の方に参加いただきました。3時間半の中で10種類ものレシピを次々と仕上げていかなくてはならないので、調理室でみなさんチームに分かれ一息入れる間もなく慌ただしくも賑やかな料理教室となりました。(料理教室の様子はこちら

2016年6月6日〜16日 棚橋さん2度目の来高へ

わずか3ヶ月しか経ってないのですが、大変ありがたいことに芸術学園幼稚園さんからのお声掛けで講演会のお話をいただき2回目の来高を実現します。

6月6日〜16日まで11日間滞在していただく間、親子で参加できるごますり教室、しっかり食べていただく棚橋俊夫さんの精進料理をいただく御食事会、精進料理のおつまみとナチュールワインを楽しむ精進バルの企画など盛りだくさんで考えています。今後も継続的にと考えてますのでご興味を持っていただいた方はお気軽にイベントに参加下さいませ。また、学校や施設、精進を取り入れたい活動や企画などのお手伝いも可能ですのでお気軽にご相談ください。

ご相談はお気軽にこちらよりご連絡くださいませ。
and.wild beauty WORKS

Text:町田美紀 Photo:竹田俊吾(本の写真、チラシ以外)